車種・年式・走行距離のご入力で概算価格がわかる
買取実績No.1 ガリバーのオンライン無料査定
Gulliver

下取りと買い取り悩んだら⇒ガリバー【無料査定】

2013年11月25日

買取専門店で無料査定するメリットと評判【私の経験談】


私は40年間で約50台の車を購入しました。新車や中古車、国産車や輸入車、セダンからスポーツカーまで多岐に渡り車を愛する人間として車社会で生きてきました。
そんな私の車人生の中で現在の車を下取りに出す場合と買取専門店に出す場合の両方を経験しましたが、若い頃はまだ買取専門店がなく友人に売却する以外は殆ど下取りに出していました。しかしその価格はディーラーの言い値での価格で値引きが幾らで下取りが幾ら?何てことは分からないで車を買い換えていた時代でした。

しかし、平成元年(1989年)9月にアップルオートネットワークと言う会社が設立され、その後平成6年(1994年)には現在最大手のガリバーが参入し、中古車買取専門業社の台頭が顕著になり、このことは自動車販売メーカーにも影響を与え、トヨタ系列のT-UOなど、車買い取り専門店市場に参入して来るメーカーも増えてきました。
 
我が家(3人)は揃って車好きなのでそれぞれ1台ずつ車を所有していますが、今世紀になってから購入した新車や中古車はそれぞれ5台、7台合計12台になります。この内全ての車を買い換える時は【車買取専門店】に無料査定を受けてから、@最高額を提示した買取店へ売却か、A交渉の結果同値で下取り金額を提示するに至ったメーカーへの下取り、のどちらかで買い替えを行って来ました。いずれの場合もガリバーを筆頭にした買取店での無料査定を行ってきました。

何故このような車買取専門店の台等が起きたか?理由は「中古車オークション」市場の年間出品台数の増加が原因です。
平成8年(1996年)には400万台だった中古車の出品数が12年後の平成20年(2008年)の年間出品中古車台数は800万台以上と12年間で倍増し、その市場の拡大が背景にあったからです。

中古車の査定額については、【中古車買取専門店】の登場が大きく影響し、ディーラーの言い値だった中古車市場がユーザーが売値価格を決められる時代に経ったのは、約20年数年前からのことです。

2896457.gif


ですから21世紀になってから購入した車は全て【車買取専門店】での無料査定を行ってもらっています。
しかし、必ずしも買取業者に車を売却したのではなく、この買取専門店の最高価格をディーラーに提示して、同値で下取りに出したケースなども過去には結構あります。【車買取専門店】の中には次の新車が来る前に引き取り期限を提示される事もあり、一時的ですが自分の車の保有が「0」になることだってありましたから!!
こんな場合現在は、買取専門店担当者と話し合って解決出来る場合が多いですが、過渡期にはこんなことも実際にありました。

それから、高値で売れるメリットがあるからには当然デメリットもあります。無料査定はあなたの自宅や車の保管場所に来て行いますが、この無料査定にかかる時間は約1時間ほどです。この査定実施中はあなたが立会いのもと行われますから、1社ならともかく複数の業者さんに依頼するとその件数分だけ時間が拘束されてしまうんです。

ですから私は長い時間拘束されるのが嫌なので、今は業界最大手のガリバー1社で査定しています。
輸入車や専門性の高い車(スポーツカーなど)は複数の業者の中から選んでもいいですが、ガリバーは全国区だし、外車にも強いんです。

◆1社だったらガリバー<<<中古車買取実績No.1ガリバー


また、ガリバーの強みは買取だけでなく、インターネットサイトで中古車販売のサイトを同時に持っている直販体制を挽いている事も高値で買い取ってくれる要因でしょうびっく~4.GIF

もう1つ、ガリバーなどの大手は買い取った中古車を海外で販売するんです。中古の日本車は海外(特に東南アジア)では物凄い人気車で買い手は沢山ありますから古い車でも買い取ってくれるわけなんですびっく~2.GIF

◆ガリバーの中古車探し<<<全国の新鮮在庫から、欲しいクルマを今すぐチェック!


では、実際に上記のサイトなどから査定依頼を実施する時、記入項目に必要事項を記入していきます。
記入内容は下記のような簡単な事でほんの2-3分で記入出来ます。
メーカー名・車種名・燃料名(ガソリン,軽油)・ミッション名(AT,MT)、年式名、名前、電話番号、メールアドレスなどが [必須]記入項目になっています。

button_short_start.gif
そして送信ボタンをクリックすると、早ければ10分ほどで記入した電話番号へ買取業者さんから電話がかかってきます。その際、必ず聞かれることは『お客様のご希望売却代金はお幾らでしょうか?』と言う事を聞かれます!
その際、【車を買って貰いたいので安い金額を提示する】ことは絶対しないで下さい。相手はプロですから例え【欲しい車でも少しでも安く買いたい】のが当たり前ですよね!

ですから、この質問のは逆に『幾らで買い取ってくれるんでしょうか?』とか下調べや他の買取店が提示した額より上乗せした金額『〇〇円以上なら検討しますけど?』などの応対をしてください!
また、
もし相手側が本当に欲しい車であれば、より突っ込んだ話を必ずしてきますから!!!

これらを知った上であなたの車の無料査定を行って下さいね♪

車買取専門店の比較【ガリバーは日本最大の大手車買取専門店買取専門店】

11s.gif

あなたの車を車買取専門店に無料査定を依頼するならまず一番にガリバーでの無料査定を行って下さい。
何故ならガリバーは日本最大の中古車買取専門店であると同時に買い取った車の販売網も最大級の会社で、その買取価格も納得がいく価格設定で信頼性も高い会社だからです。また、複数の業者に無料査定を行ってもらうのが面倒な方にはガリバーだけが行っている自社サイトからの無料査定を実施しています!!!




↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

カービューは複数の買取専門店で競合

【カービュー社とは?】
設立日 1996年9月5日、資本金15億7274万円(2013年3月31日現在)の日本最大級の車専門のインターネット広告事業、従業員数135名。
カービュー【 carview 】は、日本全国約600社以上の車査定専門会社の競争査定・競争入札制ネットワークで、業界NO.1の規模を誇っています。
世界的なインターネット新車見積り事業の構築を企図していた米国・マイクロソフト社が、ソフトバンクを日本での合弁相手として設立しました。実際の事業は1999年10月5日、両社の代表:ビル・ゲイツと孫正義を発起人とし、セブン-イレブン・ジャパンやYahoo! JAPANも関係して開始され、当初の社名は「カーポイント (CarPoint)」であったが、2001年1月10日から名称変更されカービューとして運営しています。


new_img_03.png

★カービューのサイト<<<あなたの愛車を高く買取ります!!


ーーー次のページも見てくださいね!ーーー

main.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。